全国の隠れた逸品やこだわり商品を産直お取り寄せ

煎りたての珈琲豆お届けします

初回限定お試しセット



コーヒー豆辞典

おいしいコーヒーの淹れ方

ご家庭でもプロの味が楽しめます


デリバリーコーヒーショップ時計台
〒799-1533
愛媛県今治市国分3丁目15-5

営業時間:
 平日/9:30〜19:00
   日曜/祝日17:00まで
※イベント出店日の土・日・祝日は、臨時休業になります。
(ネットショップは24時間受付)

Tel:0898-48-1159
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

※土・日・祝日が定休日です。

 
 
 
 
 
 



ご家庭で専門店の味と香りをそのまま楽しんでいただくため、毎日焙煎しています。
デリバリーコーヒーショップ時計台より、煎りたてのコーヒー豆をお届けいたします。

煎りたての豆へのこだわり

コーヒー豆は、生鮮食品と同じモノです。どんなに良い原料を使用していても焙煎後、時間が経過して、
酸化したコーヒーではなんの意味もありません。
焙煎され組織が壊されたコーヒーは空気中の酸素と反応して盛んにガスを発生します。
これがコーヒーの味や香りの元になります。 このガスの発生が完全に終わってしまうと酸化した古い
コーヒーとなります。香り高いコーヒー豆の最良賞味期限は約5日です。
ネットでご注文の場合も店頭での販売と同じように、ご注文頂いた商品ごとに焙煎致しますので、全て
焙煎したての新鮮な状態でお手元にお届けします。

コーヒーは新鮮なうちに
  • ●炒りたてのコーヒー豆は生鮮食品と同じ。焙煎後の新鮮な豆を購入する。
  • ●良く炒りあがった香り高いコーヒー豆の最良賞味期間は約5日。長期保存の場合は、1日の使用分量に
  •  分けてナイロン袋等で密封し、冷凍庫で保存してください。豆のまま保存すると約10日間は鮮度が
  •  保てます。
  • ※焙煎した豆は適切な保存がされていても豆の老化は早く、香りと味を損ないます。特に粉砕した豆が
  •  約2日間の保存でいちじるしく悪化するのは、コーヒー豆特有の香気成分(揮発成分)が粉砕によって
  •  そのバランスを崩し急激に発散するからです。
  • ●コーヒー豆は買いだめによる長期保存をしないことが大切です。

コーヒー豆の焙煎

 

 
 
 Light roast
 ライトロースト
 最も浅煎り
 コク・香不足

 

 

 Cinnamon roast
 シナモンロースト
 シナモンに近い色
 注:ライトロースト・シナモンロースト共に生豆の青臭さが残っているので、この焙煎度では
 ほとんど飲まれることはありません。
 

 
  Medium roast
  ミディアムロースト
  浅煎り
  酸味が強く、苦味は弱い。
  アメリカンコーヒー用向き酸味が強くて、苦味はほとんどありません。
  別名アメリカンローストとも呼 ばれています。
ハイロースト
 
 High roast
 ハイロースト
 中浅煎り 酸味はまだ残っていて、やわらかい苦味や甘味も出てきます。
 酸味は充分に残っていますがほんのりと苦味も感じられます。
 
シティロースト
 
 City roast
 シティロースト
 中煎り
 日本、北欧で好まれる焙煎度合いです。
 酸味と苦味のバランスがよく、この焙煎度は多くのコーヒー豆に適用できバランスよく飲めます。
フルシティロースト
 
 
 Fullcity roast
 フルシティロースト
 中深煎
 酸味は少なくなり苦味のほうがよく感じられ、香ばしい香りが出てきます。
 コーヒー豆の表面に、油が出てきます。
フレンチロースト
 
 
 French roast
 フレンチロースト
 深煎り
 カフェオレやウィンナーコーヒー、エスプレッソ、アイスコーヒーなどに向いています。
 酸味はほとんどなく苦味が際立ってきます。コーヒー豆の色はほとんど黒に近く(濃いこげ茶色)、
 表面に油が出てきます。
イタリアンロースト
 

 Italian roast
 イタリアンロースト
 苦味が強く、香ばしい香りも強く出てきてアイスコーヒーなどに向いています。
 コーヒー豆の油でテカテカと光っていますほとんど酸味はなく、濃厚な苦味が際立っています。
 
 

コーヒー豆の挽き方

■コーヒーをたてる直前に豆を挽く
■お使いの器具に合わせた挽き方で挽いた粉を準備する
 挽き方  粒の大きさ  適した抽出方法
 極細挽き  白糖くらいのキメ細かさ  エスプレッソマシン、トルココーヒー
 細挽き  グラニュー糖くらい(30~32メッシュ)  サイフォン、ネルドリップ、パーコレター、プレス、水出し
 中挽き  グラニュー糖とザラメの中間(24~28メッシュ)  ネルドリップ、ペーパードリップ、コーヒーメーカー
 粗挽き  粗くザラメ糖くらい(18~20メッシュ)  パーコレター、ネルドリップ、煮出しコーヒー

※メッシュとは・・粉の粒子の大きさを表す単位(メッシュ数が小さくなるほど、粒子は粗くなる)
※ペーパードリップの場合、ドリッパーの穴が三つ穴タイプと一つ穴タイプがあります。
 一つ穴タイプの場合は「細挽き」の方が適しています。

ページトップへ