全国の隠れた逸品やこだわり商品を産直お取り寄せ

煎りたての珈琲豆お届けします

初回限定お試しセット



コーヒー豆辞典

おいしいコーヒーの淹れ方

ご家庭でもプロの味が楽しめます


デリバリーコーヒーショップ時計台
〒799-1533
愛媛県今治市国分3丁目15-5

営業時間:
 平日/9:30〜19:00
   日曜/祝日17:00まで
※イベント出店日の土・日・祝日は、臨時休業になります。
(ネットショップは24時間受付)

Tel:0898-48-1159
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

※土・日・祝日が定休日です。

 
 
 
 
 
 




 『コーヒー』の語源
 


世界中で飲まれているコーヒー。
そのコーヒーの呼び名は国によってまちまちです。

そもそもコーヒーという呼び名は、コーヒーの原産地
エチオピアの南西部の町、カファ(KAFFA)に由来する
という 説と、アラビア語でコーヒーを意味する「quahwa(カフワ)」が 転訛したという説があります。
カフワはもともとはワインを意味していたが、ワインに似た覚醒 作用のあるコーヒーを酒と同じように思って
愛用しそのままカーファーと呼ばれたといわれています。


 コーヒー園

 
  • 赤道から南北に23.5度、南北の回帰線にはさまれた地帯は、
    ”コーヒーゾーン”と呼ばれるコーヒー豆のふるさと。
    世界のコーヒー生産国の大部分が、この熱帯地方に位置して
    います。

    コーヒー園は平均気温21℃、降雨量年間平均2,000mm/屬療效呂最も適していますが、降雨量は成長期には多く、開花期や
    収穫期には少ない方がよいのです。
    また、開花期に天候が急変しないことも必要です。

     
    さらに、コーヒーの栽培には、一部日陰になるところで、
    水はけがよく、アルカリ性の土壌である場所が適しています。
    そのため、火山性の山の東や西の斜面が栽培地として多く利用
    されます。

    海抜600m~2,000mに位置する農園でとれるコーヒー豆が、もっとも良い品質とされ、香とコクと酸味のある良品質を生み、”ハイ・グローン”と呼ばれています。

    コーヒーの木1本から煎り豆にして年平均700g収穫されます。
     
アンデス山脈のコーヒー農園

アンデス山脈のコーヒー農園
 

   コーヒーの歴史

 
  • コーヒーの原産地はアラビアといわれ、コーヒーの発見は、
    ヤギがコーヒーの実を食べると元気を回復する様子を見て、
    ヤギ飼いがまねをして食べたのが始まりという伝説が
    あります。
    その後、諸国に伝わり飲料とされましたが、最初は生豆の
    煮汁でした。煎った豆を用いるようになったのは、かなり
    後のことです。
    ヨーロッパへは1615年に伝来したとされています。

     
    世界最初のコーヒー店は、1554年にトルコのコンスタンチノープルにできました。その後、ベニス、オクスフォードを経て、1652年にはイギリスのロンドンにもできました。
    以降、ヨーロッパの多くの大都市にもコーヒー店ができ、政治、商業、文化活動の場ともなりました。
    日本には、江戸時代に長崎の出島を通じてコーヒーが持ち込まれていましたが、正式に輸入されるようになったのは明治元年からです。明治21年には、日本で初めての喫茶店『可否茶館』が
    東京・上野にオープンしました。
     

ページトップへ